安楽寺」は平安時代前期に創建され,鎌倉の建長寺などと並んで日本で最も古い臨済禅宗寺院の一つです。

「黒門」
安楽寺境内への入口にあたります。
黒門 2_edit

「参道」
参道 1_edit

参道 5_edit

「弁天堂」
弁天堂 2_edit

「山門」
山門 3_edit

「境内」
境内 2_edit

「十六羅漢堂」
十六羅漢堂 2_edit

「十六羅漢尊者」
十六羅漢尊者 3_edit

「高野槇」
高野槇_edit

「鐘楼」
鐘楼 2_edit

「本堂」
本堂 1_edit

「庫裡」
庫裡 2_edit

「坐禅堂」
坐禅堂 2_edit

「経蔵」
経蔵 3_edit

「水子地蔵尊」
水子地蔵尊 2_edit

「傳芳堂」
傳芳堂 5_edit

「八角三重塔」
安楽寺境内の奥に建つ八角三重塔は,現存する八角塔としては日本で唯一です。中国宋時代の禅宗様(唐様)という様式で建築されており,国宝に指定されています。
八角三重塔 20_edit

八角三重塔 21_edit

八角三重塔 11_edit

DSC09400_edit

長野県上田市別所温泉 2361