長野県上田高等学校は,1878年(明治11年)に創設された上田変則中学校やその後の長野県尋常中学校上田支校の流れを汲み,1900年(明治33年)に長野県上田中学校となって以来,2015年で創立115年を迎える伝統校です。校舎は上田藩の歴代藩主が構えていた居館跡地に建てられており,正門や堀,塀を併せて上田市文化財に指定されています。なお,長野県の県立高校は,“立” を付けずに長野県〇〇高等学校と書くことになっています。

「上田藩主屋敷門と堀跡」
上田藩主屋敷門と堀跡 2_edit

「正門(古城の門)」
正門(通称 “古城の門” )は上田藩主居館の表御門を継承しています。
正門(古城の門) 5_edit

正門(古城の門) 3_edit

「お堀と塀」
学校は歴史を感じさせる塀で囲まれており,その周囲にはお堀も残されています。
お濠 3_edit

お濠 8_edit

お濠 12_edit

「北門」
北門 1_edit

北門 3_edit

「管理棟」

校歌と管理棟_edit

管理棟_edit

ロータリー_edit

校史_edit

「昇降口」
昇降口 2_edit

「教室棟」
駐輪場と教室棟 2_edit

「第 2 体育館」
第2体育館 2_edit

学内の部活は「~部」ではなく「~班」と呼ぶそうです。
野球班のバス_edit

「同窓会館」
同窓会館 1_edit

長野県上田市大手 1-4-32