「大願寺」は真言宗の古刹で,明治の神仏分離令までは厳島神社の普請奉行として寺院の修理・造営を一手に担い,千畳閣,五重塔,多宝塔などから形成される厳島伽藍の中心をなしていました。本堂には神仏分離令によって厳島神社から遷された厳島弁財天をはじめ,多くの仏像を収蔵しています。本堂奥の書院は,第二次長州戦争の時,勝海舟と長州藩藩士らが会談をした場所として知られています。

「山門」
山門 2_edit

山門 1_edit

「本堂」
本堂 1_edit

本堂 4_edit

「賓頭慮尊者 (なで仏様)」
賓頭慮尊者(なで仏様)_edit

「護摩堂」
護摩堂_edit

「九本松」
九本松 3_edit

九本松 1_edit

「厳島龍神」
厳島龍神 2_edit

「平和観音」
平和観音_edit

「重盛公御手植松」
重盛公御手植松 1_edit

重盛公御手植松 2_edit

広島県廿日市市宮島町 3