JR 山手線恵比寿駅から歩いて 10 分ほどのところに,「ミシュランガイド 東京 2014・2015」 で 2 年連続 1 つ星を獲得している日本料理の名店「くろいわ」があります。店主の黒岩宏達氏は京都祇園丸山」出身で,その季節感溢れる華やかな料理は多くの人を虜にしています。

「くろいわ」
ひっそりと佇む隠れ家のような店構えですが,近隣の再開発のためにこの場所での営業は4月末頃までの予定だそうです。
店頭 4_edit

テーブルセッティング_edit

「福茶」
煎り豆の入った福茶です。
福茶 1_edit
 
「タケノコ,菜の花,ワカメ」
タケノコ,菜の花,ワカメ 2_edit

タケノコ,菜の花,ワカメ 4_edit

「ハマグリ,わらびの薄氷椀」
上にのっているのは薄くスライスしたカブで,冬の朝の凍てつく薄氷に見立てています。 
ハマグリ,わらびの薄氷椀 1_edit

薄氷の下には千葉県産のハマグリ,わらびといった春が隠れています。
ハマグリ,わらびの薄氷椀 6_edit

「薯蕷(じょうよ)蒸し,氷魚,わらびのお椀」
氷魚(ひうお)とは鮎の稚魚のことで,冬だけにとれます。身体が氷のように透き通っていることからこの名がつきました。熱を加えるとシラスのように白くなります。
薯蕷蒸し,氷魚のお椀 3_edit
 
「ふきのとう,カボチャの天ぷら」
フキノトウとカボチャの天ぷら 3_edit

「フグの辛味大根和え,フグの白子」
フグの辛味大根和え,フグ白子 1_edit

鴨の味噌幽庵焼き
一緒に添えられているのは,ネギと切り干し大根です。
鴨の味噌幽庵焼き 1_edit

鴨の味噌幽庵焼き 6_edit

「八寸」
目にも鮮やかな八寸です。
八寸 2_edit

「ばちこ&牛タン」
ばちことはナマコの卵巣を干したもので,能登の高級珍味として知られています。
八寸(ばちこ)_edit八寸(牛タン) 5_edit

「さより&ホッキ貝」
八寸(サヨリ) 2_edit八寸(ホッキ貝) 2_edit

「フグの煮こごり&牡蠣豆腐」
八寸(フグの煮こごり) 2_edit八寸(牡蠣豆腐)_edit

「ウニ茶碗蒸し&カラスミ,氷魚(ひうお)」
ウニ茶碗蒸し 3_edit八寸(カラスミ,氷魚) 2_edit

「ホタテ&甘エビ」
添えられているのは,ふき味噌です。
八寸(ホタテ,ふき味噌) 1_edit八寸(甘エビ,ふき味噌) 1_edit

「シジミの白和え&ふき」
八寸(シジミの白和え)_edit八寸(ふき)_edit

「コハダのバッテラ」
コハダのバッテラ 1_edit
 
「鯛と聖護院大根の炊き合わせ」
白みそと酒粕のスープで炊いています。
鯛と聖護院大根の炊き合わせ 4_edit

「ご飯」
お米は山形産コシヒカリで,土鍋で炊かれています。
ご飯 1_edit

「卵かけご飯」
卵かけご飯 4_edit

「香の物」
ご飯のお伴 4_edit

「赤だし」
味噌汁 1_edit

「ころ柿」
ころ柿 2_edit

「下萌」
上にのっているのは薯蕷饅頭で,下の餡の中には甘く煮たゴボウが入っています。下萌(したもえ)とは,草木の芽が地中から出ること,またその芽のことを言います。
下萌 2_edit

「薄茶」
薄茶 3_edit

「干菓子」
干菓子 4_edit

干菓子 3_edit

「お土産」
残ったご飯は,おかかのおにぎりにしていただきました。
お土産(おにぎり) 2_edit

東京都渋谷区恵比寿 1-35-3 (2015年4月末頃,この店舗での営業終了予定)

恵比寿 くろいわ懐石・会席料理 / 恵比寿駅広尾駅
夜総合点-