・・・昨日の続き

「御池」
御池 1_edit

御池 7_edit

「亀石」
御池にかかる石の橋で,亀に似ていることからこの呼び名になりました。
亀石 3_edit

「別宮へと続く参道」
風宮・土宮・多賀宮への参道 1_edit

「多賀宮 (たがのみや)」
97段の階段を登った先の高台にあり,豊受御大神の荒魂をお祀りする別宮です。別宮の中で最も格式が高く,正宮の次にお参りします。
多賀宮への階段 1_edit

多賀宮 7_edit

多賀宮 13_edit

「下御井神社」
下御井神社 2_edit

「土宮 (つちのみや)」
外宮一帯の鎮守の神として祀られていた地主神が鎮座する別宮です。
土宮 7_edit

土宮 4_edit

「風宮 (かぜのみや)」
風雨や天候を司る農作物の守護神をお祀りする別宮です。
風宮 11_edit

風宮 13_edit

「裏参道」
裏参道 2_edit

「九丈殿」
九丈殿 1_edit

「五丈殿」
五丈殿 1_edit

「裏参道から御饌殿を望む」
裏参道からは正宮の中にある御饌殿(みけでん)を望むことができます。御饌殿では毎日朝夕の 2 度,天照大御神はじめ神々に料理が捧げられています。
裏参道から御饌殿を望む 2_edit

「忌火屋殿 (いみびやでん)」
神々にお供えするお食事を実際に調理している御殿で,裏参道の木々の合間からその一部を見ることができます。ここでは1500年もの間,一日も欠かさず朝夕 2 回の料理が作られ御饌殿へ運ばれています。また,その食材は塩に至るまですべて神宮の御料地で調達されています。
忌火屋殿 1_edit

「北御門鳥居」
北御門鳥居 3_edit

「御厩 (みうまや)」
皇室から牽進された神馬が飼育されています。
御厩 1_edit

御厩 2_edit

「裏参道火除橋」
裏参道火除橋 4_edit

「裏参道手水舎」
裏参道手水舎 1_edit

外宮と内宮は約 3.8 km 離れており,その間を路線バスが走っています。
外宮前の御木本道路 2_edit

三重県伊勢市豊川町 279