グラントパークの南,ミュージアム・キャンパスの一角に位置するフィールド博物館 The Field Museum は,1893年に開催されたシカゴ万国博覧会の展示品を核に 2000万点以上という膨大な収蔵品を誇る全米屈指の自然史博物館です。動物学,植物学,人類学などあらゆる分野の自然遺産,文化遺産を網羅しており,なかでも絶滅危惧種を含む様々な動物のはく製や恐竜の化石のコレクションは充実しています。

「フィールド博物館 The Field Museum
フィールド博物館 10_edit

フィールド博物館 9_edit

「スタンレー・フィールド・ホール」
入口から入ってすぐの Main Level は中央が吹き抜けになっています。
博物館内 5_edit

「アフリカ象のはく製」
20世紀初頭にケニアで捕獲されたものです。
アフリカ象 2_edit

「トーテムポール」
カナダのブリティッシュコロンビア州のハイダ族の村に,家の守護神として建てられていたものです。
トーテムポール_edit

「スー Sue
ホール中央でひときわ存在感を放っているのがティラノサウルス・レックス(T レックス)の化石です。これは,現在発掘されている T レックスのなかで最も完全に近い形で発掘されたもので,“スー Sue の愛称で親しまれています。ちなみに頭部は重すぎて全身骨格標本に着けることができないためにレプリカを装着しており,本物は Upper Level のガラスケースに収められています。
SUE 4_edit

SUE 5_edit

こちらの頭部はレプリカです。
SUE 11_edit

SUE 9_edit

「SUE の頭部の化石」
Upper Level には,ガラスケースに収められたスー SUE 頭部の化石の本物が展示されています。
SUEの頭部 2_edit

SUEの頭部 6_edit

「プテラノドンの模型」
プテラノドンの模型 2_edit

McDonald's Fossil Prep Lab
Fossil Prep Lab 2_edit

「進化する惑星 Evolving Planet
約46億年の地球の歴史を化石を中心にたどります。
進化する惑星_edit

DSC00937_edit

DSC00938_edit

「メガテリウムの骨格標本」
メガテリウムは,かつて南アメリカ大陸に生息していた巨大なナマケモノの近縁
メガテリウムの骨格標本 2_edit

「クリプトドンと Ground Sloth の骨格標本」
クリプトドンとGround Sloth の骨格標本_edit

Arctodus (ショート・フェイス・ベア)の骨格標本」
氷河期時代の北アメリカ大陸で最大の肉食動物です。
Arctodus の骨格標本_edit

「オオツノシカの骨格標本」
オオツノシカの骨格標本 2_edit

「マンモスの骨格標本」
マンモスの骨格標本 1_edit

「ジャイアントビーバーの骨格標本」
ジャイアントビーバーの骨格標本_edit

「馬とバイソンの骨格標本」
馬とバイソンの骨格標本_edit

「マストドンの骨格標本」
マストドンの骨格標本 1_edit

「恐竜ホール Hall of Dinosaurs
小さな恐竜がやがて巨大化し進化していく様を,それらの化石を通じてホールいっぱいに並ぶさまは圧巻です。
恐竜のホール_edit

DSC00950_edit

Rapetosaurus 2_edit

DSC00977_edit

「ステゴサウルス」
ステゴサウルス 2_edit

「角竜類」
Ceratopsians 3_edit

「ダスプレトサウルス」
ダスプレトサウルス 4_edit

「パラサウロロフス」
頭頂から後方へ伸びる鶏冠が特徴的です。
パラサウロロフス 2_edit

パラサウロロフス 6_edit

こちらの恐竜の足の化石は,手で触れることができます。
竜脚類恐竜の足の骨_edit

「スー・ストア The Sue Store
The SUE Store 1_edit

The SUE Store 2_edit
明日に続く・・・ 

1400 S. Lake Shore Dr., Chicago, IL 60605, U.S.A.