JR 下関駅からバスで10分ほどのところにある赤間神宮は,壇ノ浦の戦において幼くして入水して亡くなった安徳天皇を祀る神社です。

「赤間神宮」
赤間神宮 1_edit

「鳥居」
鳥居 1_edit

「境内案内図」
境内案内図_edit

「太鼓楼」
太鼓楼_edit

「安徳天皇御陵」
わずか 8 歳で崩御した安徳天皇のお墓で,中国地方唯一の御陵です。
安徳天皇御陵 2_edit

「水天門」
壇之浦を望む水天門は竜宮城を模した鮮やかな造りになっています。
水天門 1_edit

門の下には龍神池と太閤石があります。

水天門 2_edit

水天門 3_edit

「外拝殿」
外拝殿 2_edit

外拝殿 5_edit

「内拝殿」
内拝殿 2_edit

「鎮守八幡宮」
鎮守八幡宮 1_edit

「水天供養塔 (十三重御宝塔)」
水天供養塔 2_edit

「七盛宮」
七盛宮_edit

「芳一堂」
小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の怪談で有名な「耳なし芳一」の舞台であり,琵琶法師の像が奉られています。
芳一堂 1_edit

芳一堂 3_edit

「平家一門之墓」
1185年,西へ西へと追われた平家一門は壇ノ浦で最後の戦を挑みましたが,海峡の潮流を味方につけた源氏が勝利をおさめ平家は滅亡しました。戦で滅んだ平家の大将・平知盛をはじめ平家一門の武将が祀られています。
平家一門之墓 1_edit

平家一門之墓 7_edit

平家一門之墓 4_edit

平家一門之墓 5_edit

「二位の尼と安徳帝の碑」
国道 9 号をはさんだ向かいに,二位の尼と安徳天皇の碑が建てられています。
二位の尼と安徳帝の碑_edit

山口県下関市阿弥陀寺町 4-1