大阪・天王寺と堺を結ぶ路面電車,阪堺上町線の東天下茶屋駅より徒歩 5 分ほどのところにある「阿倍王子神社」は,仁徳天皇によって創建されたとされる神社です。平安時代に熊野信仰が興ると,熊野街道に熊野九十九王子と呼ばれる王子社がたくさん出来ました。阿倍王子神社は四天王寺住吉大社のちょうど中間に位置していたことから熊野王子社のひとつとなり,阿倍野にある王子社ということで,かつては阿倍野王子と呼ばれていました。熊野信仰の衰退とともに退転したお宮もありますが,阿倍王子神社は大阪府下で唯一,旧地に現存している王子社として現在に至っています。

「阿倍王子神社」
阿倍王子神社 1_edit

「鳥居」
鳥居 2_edit

「境内」
境内 2_edit

「本殿」
本殿 1_edit

本殿 2_edit

本殿 5_edit

「狛犬」
本殿の狛犬 1_edit

「百度石」
百度石_edit

「御烏社」
御烏社 1_edit

御烏社 3_edit

「葛之葉稲荷神社」
葛之葉稲荷神社 1_edit

葛之葉稲荷神社 2_edit

「総合末社」
総合末社 4_edit

総合末社 1_edit

総合末社 2_edit

「狛犬」
総合末社の狛犬_edit

「水神社」
水神社 1_edit

「御神木(茂杜能木霊神)」
神木(茂杜能木霊神) 1_edit

「御神木(汰紀能木霊神)」
神木(汰紀能木霊神) 1_edit

「御神木(多摩能木霊神)」
神木(多真能木霊神) 3_edit

「御神木(波多能木霊神)」
神木(波多能木霊神) 2_edit

「天王寺蕪の碑」
天王寺蕪の碑_edit

「鳥居」
裏手にも鳥居があります。
鳥居 6_edit

「阿倍野王子旧跡」
阿倍野王子旧跡 2_edit

「もと熊野街道」
もと熊野街道_edit

大阪市阿倍野区阿倍野元町 9-4