安倍晴明神社阿倍王子神社の北方約 50 m に鎮座する阿倍王子神社の境外社(飛び地境内社・末社)で,その名の通り平安時代の陰陽師・安倍晴明公を祀る神社です。安倍晴明は大阪市阿倍野区阿倍野で産まれたと伝えられており,活躍期には京の都の北東(京都市上京区・現在の晴明神社)に居を構え,都に侵入する鬼を防ぐ役割を果たしていました。

「安倍晴明神社」
安倍晴明神社 1_edit

「表鳥居」
表鳥居 2_edit

表鳥居 3_edit

「境内」
境内 4_edit

「鎮石」
鎮石_edit

「安倍晴明誕生地の碑」
安倍晴明誕生地の碑_edit

「安倍晴明公産湯井の跡」
安倍晴明公産湯井の跡 2_edit

「葛之葉姫図」
葛之葉姫図_edit

「葛之葉霊狐の飛来像」
葛之葉霊狐の飛来像 4_edit

葛之葉霊狐の飛来像 5_edit

「安倍晴明像」
安倍晴明公像 2_edit

「本殿」
本殿 1_edit

本殿 2_edit

「狛犬」
狛犬_edit

「泰名稲荷神社」
境内社で,安倍晴明の父・安倍保名(やすな)の名を冠しています。
泰名稲荷神社 2_edit

泰名稲荷神社 4_edit

「熊野かいどう」
熊野かいどう_edit

大阪市阿倍野区阿倍野元町 5-16