百舌鳥古墳群とは堺市内に広がる古墳の集まりのことで,その中には日本最大の前方後円墳である仁徳天皇陵古墳も含まれています。かつては100基以上の古墳があったとされていますが,都市化の進展に伴ってその半数近くが失われ,現在は 4世紀後半から 5世紀後半に造られた 40基を超える古墳が残っています。百舌鳥古墳群は古市古墳群とともに日本の古墳文化を物語る貴重な遺産で,2010年(平成22年)11月には世界遺産暫定一覧表に記載されました。

「銅亀山古墳」
銅亀山古墳_edit

「丸保山古墳」 
丸保山古墳 1_edit

丸保山古墳 5_edit

「孫太夫山古墳」 
孫太夫山古墳 3_edit

孫太夫山古墳と南治好先生_edit

「竜佐山古墳」
竜佐山古墳 5_edit

竜佐山古墳 1_edit

「グワショウ坊古墳」 
グワショウ坊古墳 5_edit

グワショウ坊古墳 4_edit

「旗塚古墳」 
旗塚古墳 1_edit

旗塚古墳 3_edit

大阪府堺市