茶道千家の始祖・茶聖と称される千利休は,堺の商家(屋号「魚屋(ととや)」)の長男として生まれました。南海本線堺駅から歩いて 15 分ほど,阪堺電軌阪堺線宿院駅から徒歩 2 分ほどのところに千利休屋敷跡があります。屋敷跡には椿の井戸と,利休ゆかりの大徳寺山門の古い部材で建てられた井戸屋形が残っています。

「千利休屋敷跡」
千利休屋敷跡 2_edit

千利休屋敷跡 1_edit

千利休屋敷跡 3_edit

千利休屋敷跡 6_edit

千利休屋敷跡 1_edit

「椿井来由記」
千利休屋敷跡 4_edit

千利休屋敷跡 5_edit

大阪府堺市堺区宿院町西 1-17-1