金澤神社は,1794年に加賀藩11代藩主前田治脩(はるなが)藩校明倫堂を建てた際,その鎮守社として学問の神であり前田家の祖先でもある菅原道真公を奉斎する神社を創建したのに始まります。現在は,毎年受験シーズンになると,数多くの受験生が参拝に集まります。

「一の鳥居」
一の鳥居 1_edit

「放生池」
放生池_edit

「鳳凰山」
鳳凰山_edit

「金城霊沢」
昔,芋掘籐五郎がこの泉で砂金を洗ったことから「金洗沢」と呼ばれていました。これが “金沢” の地名の由来です。
金城霊沢 3_edit

「二の鳥居」
二の鳥居_edit

「隋身門」
隋身様と呼ばれる神像が祀られています。
隋身門 2_edit

「拝殿」
拝殿 2_edit

拝殿 3_edit

拝殿 5_edit

「白阿紫稲荷大明神」
白阿紫稲荷大明神 2_edit

「夢牛」
天神様のお使いの牛で,なでると夢を叶えてくれると言われています。
夢牛 3_edit

「清め砂」
清め砂_edit

「手水舎」
手水舎_edit

「奉納鳥居」
前田家に慶事があるごとに奉納された縁起の良い鳥居です。
奉納稲荷鳥居 2_edit

石川県金沢市兼六町 1-3