金沢市の中央,金沢城の西側に位置する尾山神社は,加賀藩祖前田利家公と正室の松の方を祀る神社です。1599年,前田利家没後,金沢城の鬼門の方角(東北)にあたる卯辰山麓に卯辰八幡宮(現在の宇多須神社)が建立され,利家の霊は加賀藩を守護する存在として祀られました。1873年(明治6年),現在地(金沢城の出丸金谷御殿跡地)に新たな社殿が建立されると,卯辰山から御神体が遷座され尾山神社と称されました。現在は金沢の総社的神社として崇敬され,市民の心の故郷として親しまれています。


「尾山神社」
尾山神社_edit

「鳥居」
鳥居 1_edit

「神門」
明治 8 年に建てられた神門は,和漢洋折衷の三様式を混用した異色の門として知られ,兼六園とともに金沢のシンボルとなっています。三層目にはギヤマンがはめ込まれ,夕刻のギヤマンが夕日に映える頃や,日没の明かりが点灯する時間帯は見頃です。なお,三層目に設置された避雷針は,日本最古のものだそうです。
神門 2_edit

神門 8_edit

神門 6_edit

「境内」
境内 1_edit

「拝殿」
拝殿 3_edit

拝殿 7_edit

「お松の方之像」
お松の方之像 1_edit

「利家公金鯰尾兜」
利家公金鯰尾兜 2_edit

「利家公像」
利家公像 1_edit

「さし石」
この石を担いで力比べが行われたとのことです。これにちなんで,この石に触ると健康になると言われています。
さし石 2_edit

「母子順風之像」
母子順風之像_edit

「金谷神社」
境内摂社に加賀藩二代藩主・前田利長公をはじめとする,歴代藩主を祀った金谷神社があります。
金谷神社 1_edit

金谷神社 4_edit

金谷神社 5_edit

「池泉回遊式庭園」
池泉回遊式庭園_edit

「東神門」 
旧金沢城の二の丸唐門です。金沢城はたびたび火災にあい,そのほとんどを焼失しました。この門がその難を逃れたのは,唐門の二匹の竜が水を呼んだためと言い伝えられています。
東神門 3_edit

伝説の二頭の竜が彫られています。
東神門 4_edit

石川県金沢市尾山町 11-1