吉備の中山の北東麓に東面して鎮座する吉備津彦神社は,吉備津神社とともに当地を治めたとされる大吉備津彦命を主祭神に祀った神社です。大吉備津彦命は桃太郎伝説のモデルとして知られます。

「JR 備中一宮駅」
最寄駅となる JR 吉備線備中一宮駅までは,岡山駅からで約 13 分ほどです。
JR 備前一宮駅 1_edit

駅のホームには吉備津彦命(桃太郎)の温羅退治のお話が掲げてあります。
JR 備前一宮駅ホーム 2_edit

「JR 備前一宮駅周辺案内図」
JR 備前一宮駅周辺案内図_edit

「吉備津彦神社」
吉備津彦神社 1_edit

吉備津彦神社 2_edit

「神池」
神池 1_edit

「随神門」
1697年,池田綱政公が造営したものです。
随神門_edit

随神門 1_edit

「大燈籠」
高さ11.5m,笠石8畳の日本一大きな燈籠です。
大燈籠 4_edit

大燈籠 2_edit

「手水舎と大燈籠」
手水舎と大燈籠_edit

「拝殿」
拝殿 4_edit

拝殿 7_edit

「平安杉」
平安杉 1_edit

「本殿」
本殿_edit

「祭文殿」
祭文殿 1_edit

「吉備の巌」
吉備の巌 2_edit

岡山市北区一宮 1043