吉備津神社は岡山市の西部にあり,桃太郎伝説のモデルとして知られる大吉備津彦大神を祀った山陽道屈指の大社です。備前国(びぜんのくに)と備中国(びっちゅうのくに)の境,吉備の中心に位置する吉備の中山は,古くから神体山として人々に崇められており,その北西麓に吉備津神社が,北東麓に吉備津彦神社が鎮座しています。ともに主祭神に当地を治めたとされる大吉備津彦大神を祀り,命の一族を配祀しています。

「JR 吉備津駅」
吉備津神社の最寄駅となる JR 吉備線吉備津駅までは,岡山駅からで約 15 分ほどです。
JR 吉備津駅 4_edit

「吉備津神社へ」 
吉備津神社へは,駅から歩いて10分程です。
吉備津神社へ_edit

「吉備津の松並木」
吉備津神社参道両側には松並木が生育しています。
吉備津の松並木 1_edit

「二の鳥居」
参道口 2_edit

「吉備津神社」
入口_edit

入口の注連縄_edit

「北随神門」
国の重要文化財に指定されています。
北随神門 1_edit

北随神門 2_edit

「拝殿」
拝殿 3_edit

「社務所」
社務所_edit

「御祈祷殿」
御祈祷殿 2_edit

「いちょう神木」
いちょう神木_edit

「本殿」
屋根を 2 つ並べた屋根形式で,「吉備津造」ともいいます。
本殿 1_edit

「回廊」
総延長 398m で,岡山県の文化財に指定されています。
廻廊 5_edit

廻廊 8_edit

「岡山一中吉備津教場跡」
岡山一中吉備津教場跡_edit

「宇賀神社」
吉備津神社西入口と道路を挟んだ神池の島に鎮座しており,商売の神,吉備国最古の吉備神が祀られています。赤い社殿と欄干が印象的です。
宇賀神社 1_edit

宇賀神社 4_edit

岡山市北区吉備津 931