赤レンガとツタが印象的な倉敷アイビースクエアは,江戸幕府の代官所跡に建設された倉敷紡績の工場を再開発した複合観光施設です。場所は倉敷美観地区に含まれ,ホテルや資料館など多彩な施設を備えています。

「倉敷アイビースクエア」
倉敷アイビースクエア 1_edit

倉敷アイビースクエアのシンボルでもある赤レンガと蔦(ivy アイビー)は, 夏は赤レンガに覆い茂り暑さから守り,冬は落葉して赤レンガに外気を当て,内部の温度調節の役割を果たしています。
倉敷アイビースクエア 8_edit

倉敷アイビースクエア 9_edit

倉敷アイビースクエア 7_edit

「アイビー学館」
現在は,展示室・ギャラリーとして利用されています。
アイビー学館_edit

「オルゴールミュゼ」
アンティークオルゴールの展示とオルゴールコンサートが開催されています。
オルゴールミュゼ 1_edit

「児島虎次郎記念館」
倉敷アイビースクエアの一角にある大原美術館の別館です。
児島虎次郎記念館 1_edit

「代官所跡」
1600年(慶長5年)に関が原の戦いで徳川家康を中心とする東軍が勝利を得てから, この地は徳川幕府の直領(天領)となり,1642年に倉敷代官所が置かれました。 この倉敷代官所跡に倉敷紡績が建てられ,現在の倉敷アイビースクエアに至ります。 
代官所跡_edit

「代官所井戸」
代官所井戸_edit

代官所内濠遺構
代官所内濠遺構 1_edit

「倉紡記念館」
館内では明治時代からの倉敷紡績の歩みと,わが国の紡績産業の歴史が年代順に紹介されています。
倉紡記念館 1_edit

「愛美工房」
様々な工芸品や民芸品が販売されています。
愛美工房_edit
 
「Candle World」 
手作りもできるキャンドルショップです。 
Candle World_edit

岡山県倉敷市本町 7-2