千葉県松戸市にある本土寺は,もと源氏の名門平賀家の屋敷跡と伝えられ,1277年に日蓮上人の弟子日朗を導師として招き開堂,日蓮上人より長谷山本土寺と寺号を授かったのが始まりとされています。池上の長栄山本門寺,鎌倉の長興山妙本寺とともに朗門の三長三本の本山と称される名刹で,現在は1万株のあじさいや5000株の花菖蒲でも有名で,別名「あじさい寺」とも呼ばれ参拝者に親しまれています。 

「仁王門」
参道の正面に「長谷山」の扁額を掲げた朱塗りの高楼です。
仁王門 1_edit

IMG_9678_edit

「五重塔」
五重塔 2_edit

「本堂」
本堂_edit

「像師堂」
像師堂_edit

「開運日像菩薩」
開運日像菩薩_edit

「開山堂」
開山堂_edit

「鐘楼」
鐘楼_edit

「宝物殿」
宝物殿_edit

「徳川家康の側室 秋山夫人の墓」
秋山夫人の墓 3_edit

秋山夫人の墓 2_edit

「紫陽花」
IMG_9683_edit

IMG_9689_edit

IMG_9686_edit

IMG_9700_edit

IMG_9691_edit

IMG_9704_edit

IMG_9705_edit

「花菖蒲」
花菖蒲 1_edit

花菖蒲 2_edit

IMG_9718_edit

IMG_9719_edit

IMG_9720_edit

IMG_9717_edit

千葉県松戸市平賀 63