丸亀城は丸亀市の南部に位置する亀山(標高66メートル)に築かれた平山城で,別名亀山城と呼ばれています。内濠から天守にかけて 4 重に巡らせた総高60メートルの石垣は日本一高く,「石の城」とも形容されている通りまさに石垣の名城です。

「史跡 丸亀城跡」
丸亀城跡 1_edit

「内濠」
内濠 1_edit

「大手二の門」
丸亀城の表門になります。
大手二の門 1_edit

「大手一の門」 
楼上に太鼓を置いて城下に刻を知らせたことから,太鼓門とも呼ばれています。
大手一の門 1_edit

「見返り坂」
傾斜が急で,時々立ち止まって振り返りたくなることから,いつしかそう呼ばれるようになったそうです。
見返り坂 2_edit

「三の丸の高石垣」
三の丸北側の石垣は丸亀城の石垣の中で最も高く,20 m 以上の城壁が続きます。独特の反りを持たせた「扇の勾配」で知られる曲線は,丸亀城の美を代表する石の芸術品としての風格を漂わせています。
三の丸高石垣 3_edit

「三の丸」
三の丸 1_edit

三の丸 3_edit

三の丸からの眺め 3_edit

「二の丸」
現在,二の丸には桜が植樹され市民の憩いの広場となっています。
二の丸跡 2_edit

二の丸跡 1_edit

「本丸石垣と天守」
本丸石垣と天守 1_edit

本丸石垣と天守 2_edit

「本丸からの眺め」
本丸からの眺め 1_edit

本丸からの眺め 3_edit

「天守」
丸亀城の天守は,全国でも珍しい木造天守として知られます。小ぶりではありますが,それを感じさせないほどの風格と威厳を備えています。
天守 2_edit

天守 7_edit

天守 3_edit

天守 5_edit

天守 6_edit

「天守からの眺め」
天守からの眺め 1_edit
 
「延寿閣別館」
延寿閣別館_edit

「石垣の美」
二の丸石垣 2_edit

二の丸石垣 4_edit

三の丸石垣 4_edit

三の丸石垣 9_edit

「搦手口」
搦手口 1_edit

搦手口 3_edit

搦手口 4_edit

内濠 6_edit

香川県丸亀市一番丁