讃岐うどんに次ぐ香川県のご当地グルメとして人気を集めているのが, 骨付きの鶏もも肉を各種スパイスで味付けしてじっくりと焼き上げた骨付鳥です。その元祖は丸亀市に昭和27年から店を構える 「骨付鳥 一鶴 (いっかく)」 で,昭和28年から現在の骨付鶏が売り出されました。スパイスをたっぷりと利かせ,皮はパリッと中はジューシーに焼き上げたその味は瞬く間に丸亀市内で評判となり,その後これをメニューに取り入れるお店や専門店が丸亀市内のみならず香川県全体に数多く誕生しました。現在,うどんに次ぐ香川県名物として注目されています。「骨付鳥 一鶴」 は丸亀市内に 3 店舗,高松市内に 3 店舗を構えるほかに,大阪,横浜にも進出しています。

「骨付鳥 一鶴 丸亀本店」
丸亀駅北口から徒歩1分ほどのところにあります。
店頭 6_edit

店頭 1_edit

「サラダ」
サラダ 1_edit

サラダ 2_edit

「おやどり」
骨付鳥には「おやどり」と「ひなどり」の 2 種類があります。おやどりはしっかりとした歯ごたえが特徴的で,噛むほどに深くて濃厚なうま味が染み出します。
おやどり 1_edit

おやどり 2_edit

おやどり 4_edit

「ひなどり」
ひなどりは身がやわらかく食べやすいのが特徴です。
ひなどり 1_edit

ひなどり 3_edit

「キャベツ」
皿にたまった肉汁にキャベツをつけていただきます。
キャベツ_edit

香川県丸亀市浜町 317