伊能忠敬は江戸時代の測量学者で,足かけ17年をかけて全国を測量し精度の高い日本地図を完成させた人物として有名です。下総国香取郡佐原村(現・香取市佐原)の伊能家に婿養子に入ったことから,佐原には伊能忠敬旧宅をはじめ,伊能忠敬記念館,伊能忠敬銅像,その名をとった忠敬橋などがあります。

「伊能忠敬旧宅」
伊能忠敬旧宅_edit

伊能忠敬旧宅前_edit

伊能忠敬旧宅内_ざしき_edit

「伊能忠敬先生之像」
伊能忠敬の像 2_edit

伊能忠敬旧宅内の石碑_edit

「伊能忠敬記念館」
伊能忠敬記念館 2_edit

伊能忠敬記念館 1_edit

伊能忠敬記念館内 1_edit

伊能忠敬記念館内 2_edit

「伊能忠敬銅像」
伊能忠敬銅像 2_edit

伊能忠敬銅像説明書き_edit

伊能忠敬銅像 3_edit

千葉県香取市佐原イ 1722-1