JR 総武本線両国駅から徒歩 5 分ほどのところにある吉良邸跡は,浅野匠頭守による殿中刃傷事件の後の元禄14年 (1701) 9月 3日,吉良上野介義央が当地を拝領して建設された吉良家の上屋敷です。当地で赤穂浪士による仇討ち事件が起こり,その名所を惜しんだ地元の両国 3丁目町会有志会が発起人となったのがきっかけとなり,本所松坂町公園として残されています。
「吉良邸跡」
吉良邸跡_なまこ壁 1_edit

本所松坂町公園由来_edit

吉良邸跡_本所松坂町公園_edit吉良邸跡_edit

立て札_edit

「吉良上野介追慕碑」
吉良上野介追慕碑_edit

「首洗い井戸」
首洗い井戸 1_edit

「松坂稲荷」
吉良邸跡_松坂稲荷_edit

東京都墨田区両国 3-13-9 
大きな地図で見る