明治38年5月,詩集「あこがれ」を出版した石川啄木は,盛岡市に帰り年来の恋人堀合節子と結婚しました。一部,当時と変わったところもありますが,新婚当時に住んでいた家がほぼ当時のまま現存しているそうです。中には啄木の書や写真なども展示されています。

「啄木新婚の家」
啄木新婚の家 5

啄木新婚の家 8

啄木新婚の家 1啄木新婚の家 3

啄木新婚の家 4啄木新婚の家 6

啄木新婚の家_室内 1啄木新婚の家_室内 5

啄木新婚の家_室内 2

啄木新婚の家_室内 3

岩手県盛岡市中央通 3-17-18