食で奏でる旅の記憶

~徒然なる食と旅の備忘録~

兵庫県の南西部(播磨地方)に位置する姫路は兵庫県第二位の人口を擁する中核市で,播磨地方の中心都市です。江戸時代には姫路城の城下町として整備され,現在の市街地にも城下町の町割りが残っています。東京からは新幹線で約 3 時間で行くことができます。

「JR 姫路駅」
JR 姫路駅 1_edit

JR 姫路駅 2_edit

JR 姫路駅前 1_edit

JR 姫路駅前 2_edit

JR 姫路駅前 5_edit

「大手前通り」
JR 姫路駅北口から姫路城大手門前の姫路城前交差点に至る全長 840 m・幅 50 m の道路で,世界文化遺産国宝姫路城を真正面に望むことができます。姫路城の景観を損なわないように通りは無電柱化されており,日本の道 100 選の一つにも選ばれています。
大手前通り 1_edit

大手前通り 3_edit

大手前通り 6_edit

大手前通り 9_edit

大手前通り 13_edit

大手前通り 17_edit

「帽子を被ったら歩いてみよう」
通りには多数のブロンズ像が設置されています。
帽子を被ったら歩いてみよう_edit

「切り株と少女」
切り株と少女 1_edit

「若き立像 ’85」
若き立像 ’85_edit

「聞える」
聞える_edit

「かげ」
かげ_edit

「お月さまのかお」
お月さまのかお_edit

「花を持つ少女」
花を持つ少女_edit

「夏帽子の少女」
夏帽子の少女_edit

「梟家族 ’89」
梟家族 ’89_3_edit

「姫路城の中濠跡」
姫路城の中濠跡 1_edit

姫路城の中濠跡 2_edit

「にの屋敷」
大手前通り 18_edit

「はの屋敷」
大手前通り 19_edit

「ろの屋敷」
大手前通り 21_edit

様々なイベントの場・憩いの場として親しまれています。 
大手前通り 20_edit

「姫路城前」
姫路城前 1_edit

兵庫県姫路市

日本のフランス料理界の巨匠・吉野建(ヨシノ タテル)氏が和歌山県にオープンさせた「オテル・ド・ヨシノ hotel de yoshino」は,海と山に囲まれた和歌山ならではの食材を駆使したクラシック・フレンチを堪能できるお店です。2005年のオープン以来県外のファンも多く,今では関西きっての美食の空間としてグルメたちの聖地の一つになっています。


「オテル・ド・ヨシノ hotel de yoshino」
JR 和歌山駅から徒歩 15 分ほどのところにある県民交流プラザ「和歌山ビッグ愛」の 12 階にあります。
レストラン案内_edit

店頭 1_edit

店頭 5_edit

店内 2_edit

店内からは市街を見渡すことができます。
店内からの眺め 1_edit

テーブルセッティング 1_edit

「梅シロップの炭酸割り」
梅シロップの炭酸割り 2_edit

「グジェール」
グジェール 2_edit

「紋甲イカのマリネ」
レモンクリームソースが添えられ,イカ墨を練りこんだ入れ物の中に入っています。
紋甲イカのマリネ 4_edit

「新玉葱のスープ」
中には煮詰めた玉ねぎが入っています。
新玉葱のスープ 2_edit

「パン」
パン 3_edit

パン 6_edit

パン 8_edit

「自家製スモークサーモン」
エストラゴンのヴィネグレットソース,ヨーグルトに漬け込んだキュウリ,フェンネル,ケッパー,チコリが添えられています。
自家製スモークサーモン 2_edit

「甘鯛のポワレ,ブールブランソース」
旬のホワイトアスパラやロマネスコ,菜の花などの野菜が添えられています。
甘鯛のポワレ,ブールブランソース 1_edit

甘鯛のポワレ,ブールブランソース 5_edit

「熊野牛のロース,季節の温野菜とともに」
和歌山県南部の熊野地方で昔から飼われていた和牛に,但馬牛の血統を取り入れて品種改良して肉用牛としたのが熊野牛で,和歌山県特産の高級和牛です。
熊野牛のロース,季節の温野菜とともに 1_edit

熊野牛のロース,季節の温野菜とともに 4_edit

「リードヴォーのロースト」
フランス産仔牛のリードヴォー(胸腺)です。
リードヴォーのロースト 1_edit

リードヴォーのロースト 5_edit

リードヴォーのロースト 6_edit

「プレ・デセール」
シャルトリューズのシャーベットに和歌山のはっさくを合わせています。
プレ・デセール 5_edit

プレ・デセール 4_edit

「甘夏のパルフェ」
甘夏のパルフェ 2_edit

甘夏のパルフェ 6_edit

「コーヒー」
コーヒー 3_edit

プティ・フール」
小菓子 3_edit

和歌山県和歌山市手平 2-1-2 和歌山ビッグ愛 12F

オテル・ド・ヨシノフレンチ / 宮前駅田中口駅
昼総合点-

和歌山のご当地グルメとして全国的に人気を集めているのが,豚骨醤油味がベースの和歌山ラーメンです。和歌山には湯浅などの醤油産地があることに加えて,隣県などからスープの材料となる豚骨魚介類などを仕入れやすかったため,ラーメン文化が発達したと考えられています。JR 和歌山駅から徒歩10分ほどのところにある「井出商店」は,和歌山ラーメンが全国区になるきっかけとなった,1953年創業の老舗ラーメン店です。

「井出商店」
店頭には長い行列ができています。
店頭 9_edit

店頭 5_edit

店頭 6_edit

店頭メニュー 2_edit

「中華そば」
中華そば 3_edit

中華そば 2_edit

「特製中華そば」
チャーシューの量が増えます。
特製中華そば 2_edit

特製中華そば 3_edit

和歌山県和歌山市田中町 4-84

井出商店ラーメン / 田中口駅和歌山駅
昼総合点-

・・・昨日の続き

「大天守閣」
天守は大天守と小天守が連結式に建てられ,さらに天守群と 2 棟の櫓群が渡櫓によって連ねられており,連立式天守閣と呼ばれます。
大天守閣 9_edit

天守曲輪 3_edit

大天守閣 13_edit

天守曲輪 6_edit

「二の門櫓と二の門(楠門)」
二の門(楠門)と二の門櫓 2_edit

「二の門櫓」
二の門櫓 6_edit

「二の門(楠門)」
二の門(楠門) 8_edit

二の門(楠門) 5_edit

「和歌山城沿革」
和歌山城沿革_edit

「二の門櫓」
二の門櫓 4_edit

「多門櫓と乾櫓」
多門櫓と乾櫓 1_edit

「乾櫓」
乾櫓 2_edit

「三宝柑の由来」
三宝柑の由来_edit

「大天守閣と小天守閣」
大天守閣と小天守閣 1_edit

「大天守閣」
大天守閣 14_edit

「小天守閣」
天守閣内への入口は小天守閣にあります。
小天守閣 2_edit

「白虎」
白虎 2_edit

「塗駕籠(ぬりかご)」
塗駕籠 1_edit

「鯱」
鯱 1_edit

「鬼瓦」
鬼瓦_edit

「小天守閣を望む」
大天守閣から小天守閣を望む 1_edit

大天守閣展望から小天守閣を望む 3_edit

「城内を望む」
大天守閣最上階からは城内や市街を一望することができます。
大天守閣展望から城内を望む 3_edit

大天守閣展望から城内を望む 4_edit

大天守閣展望から城内を望む 6_edit

大天守閣展望から市街を望む 4_edit

「鉄金棒」
鉄金棒_edit

「虎襖絵」
虎襖絵_edit

「御台所」
御台所_edit

「大天守閣と二の門(楠門)」
大天守閣と二の門(楠門)_edit

「紀州南高梅」
紀州南高梅 2_edit

「新裏坂」
新裏坂 1_edit

新裏坂の石垣(野面積み)_edit

「松の丸の高石垣」
松の丸の高石垣_edit

「岡口門」
岡口門 2_edit

岡口門 5_edit

「クスノキ」
岡口門前のクスノキ 4_edit

岡口門前のクスノキ 7_edit

「東堀」
東堀 2_edit

和歌山県和歌山市一番丁 3

和歌山市の中心部にそびえ立つ「和歌山城」は,徳川御三家の一つ紀州藩紀州徳川家の居城で,日本100名城のひとつにも数えられる名城です。1585年,紀州を平定した豊臣秀吉が弟の秀長に命じて城を築かせたのが始まりで,まず秀長の城代として桑山重晴が入城し,1600年には関ヶ原の戦いで功をたてた浅野幸長が城主となりました。その後,1619年に徳川家康の10男・頼宣が紀州55万5千石を拝領し城主となり,以来,水戸藩・尾張藩と並び徳川御三家のひとつとして長い歴史を刻んできました。1871年,廃藩置県により廃城となり多くの建築物が解体・移築されました。現在の天守閣は1958年に再建されたものです。

「和歌山城」
和歌山城 1_edit

「一の橋と大手門」
一の橋と大手門 3_edit

一の橋と大手門 4_edit

一の橋と大手門 5_edit

「北堀」
一の橋と北堀 4_edit

「大手門」
大手門 2_edit

大手門 3_edit

「一の橋の樟樹」
一の橋の樟樹 3_edit

一の橋の樟樹 2_edit

一の橋の樟樹 5_edit

「一中門跡の石垣(打込みハギ)」
一中門跡の石垣(打込みハギ) 1_edit

一中門跡の石垣(打込みハギ) 2_edit

「一中門跡の石垣(切込みハギ)」
一中門跡の石垣(切込みハギ)_edit

「伏虎像」
伏虎像 2_edit

伏虎像 3_edit

伏虎像 5_edit

「石垣(野面積み)」
石垣(野面積み) 2_edit

石垣(野面積み) 3_edit

「表坂」
表坂登り口_edit

表坂 1_edit

表坂 2_edit

「松の丸跡」
松の丸跡 1_edit

松の丸跡 4_edit

松の丸跡からは東堀や岡口門を望むことができます。
松の丸跡から岡口門を望む_edit

松の丸跡から東堀を望む 1_edit

松の丸跡の石垣は野面積みです。
松の丸跡の石垣(野面積み) 1_edit

「七福の庭」
七福の庭 3_edit

松の丸跡は高石垣となっており,城内を一望することができます。
松の丸跡 7_edit

松の丸跡 8_edit

ほどなくすると天守閣が見えてきます。
松の丸跡から天守閣を望む 1_edit

周囲は野面積みの石垣に囲まれています。
松の丸跡の石垣(野面積み) 4_edit

松の丸跡のゆるやかな坂を登っていくと,和歌山城の大天守閣が見えてきます。 
大天守閣 1_edit

「まりと殿さまの歌碑」
まりと殿さまの歌碑 2_edit
明日に続く・・・

和歌山県和歌山市一番丁 3

大阪・玉造の住宅街に ‟ミシュランの星を取った居酒屋” として有名な小さな居酒屋さん「ながほり」があります。文化人や各界の著名人,一流シェフをはじめ多くの人たちを魅了する店主の中村重男氏は,NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」でも紹介されました(2013年6月10日放送)。「ミシュランガイド京都 大阪 神戸 奈良 2010・2011・2012・2013」「ミシュランガイド関西 2014・2015」「ミシュランガイド京都 大阪 2016・2017」で 8 年連続で 1 つ星を獲得しています。 

「ながほり」
店頭 6_edit

テーブルセッティング_edit

「ラベンダーアスパラ,アスパラソース添え」
ラベンダーアスパラ,アスパラソース添え 1_edit

ラベンダーアスパラ,アスパラソース添え 3_edit

「ラベンダーアスパラの天ぷら」
ラベンダーアスパラの天ぷら 2_edit

「河内晩柑と車海老のサラダ」
河内晩柑と車海老のサラダ 3_edit

「活毛がに土佐酢ジュレ添え」
活毛がに土佐酢ジュレ添え 3_edit

活毛がに土佐酢ジュレ添え 2_edit

活毛がに土佐酢ジュレ添え 5_edit

活毛がに土佐酢ジュレ添え 7_edit

「刺身盛り合わせ」
白海老,マグロ,アマガレイ,小だこブツ切り,剣先イカ,カツオ,鯛,鯵,トリガイ,蒸しあわびキモ添え
刺身盛り合わせ 7_edit

蒸しアワビ 3_edit

刺身盛り合わせ (カツオ)_edit

刺身盛り合わせ (トリガイ)_edit

刺身盛り合わせ (小だこ)_edit

刺身盛り合わせ (鯛) 2_edit

刺身盛り合わせ(本マグロ)_edit

「白甘鯛の揚げ出し」
白甘鯛の揚げ出し 4_edit

「穴子の白焼き」
穴子の白焼き 3_edit

「黒酢の酢豚」
黒酢の餡は後からかけます。
黒酢の酢豚 3_edit

黒酢の酢豚 5_edit

「黒豚の角煮」
黒豚の角煮 5_edit

「比内地鶏のつくね焼」
比内地鶏のつくね焼 3_edit

「春キャベツ漬」
春キャベツ漬 1_edit

「青海苔とシラスの雑炊」
青海苔とシラスの雑炊 2_edit

青海苔とシラスの雑炊 10_edit

店頭 10_edit

大阪市中央区上町 1-3-9

ながほり居酒屋 / 玉造駅(大阪市営)玉造駅(JR)谷町六丁目駅
夜総合点-

大阪・千日前の「おかる」は,古くから地元の人に愛されている人気のお好み屋さんです。2 代目の女将が取り仕切る店内は,半個室の鉄板テーブルが並び昭和の空気が色濃く残ります。

「おかる」
店頭 8_edit

店頭 5_edit

店内 1_edit

鉄板_edit

テコ 1_edit

「道頓堀やきそば」
うどんのような極太麺と濃厚ソースが特徴です。
道頓堀やきそば 1_edit

道頓堀やきそば 2_edit

道頓堀やきそば 5_edit

「豚玉」
豚玉 1_edit

豚玉 4_edit

豚玉 6_edit

豚玉 8_edit

大阪府大阪市中央区千日前 1-9-19

おかるお好み焼き / 日本橋駅近鉄日本橋駅大阪難波駅
昼総合点-

大阪市淀川区西中島に本店をもつ「たこ焼十八番」は,牛乳を加えた生地にたっぷりの天かすと桜エビ,紅ショウガを入れるのが特徴です。道頓堀店はなんば駅から徒歩 5 分ほど,戎橋から徒歩 1 分ほどのところに屋台営業しています。

「たこ焼十八番 道頓堀店」
店頭 1_edit

店頭 3_edit

「ハーフ&ハーフ」
塩とソースの 2 種類の味が楽しめます。
ハーフ&ハーフ 2_edit

ハーフ&ハーフ 5_edit

ハーフ&ハーフ 7_edit

大阪市中央区道頓堀 1-7-21 中座くいだおれビル 1F

たこ焼十八番 道頓堀店たこ焼き / 大阪難波駅日本橋駅近鉄日本橋駅
昼総合点-