食で奏でる旅の記憶

~徒然なる食と旅の備忘録~

MRT 龍山寺駅(板南線)から徒歩 5 分ほどのところにある「龍山寺」は,1738年創建の台北最古のお寺です。恋愛成就で有名な月下老人や障害繁盛の神様・関聖帝君,学問を司る文昌帝君など多くの神仏が祀られており,台北最強のパワースポットとして地元の人はもちろん,多くの外国人観光客でにぎわっています。

「龍山寺駅(板南線)」
龍山寺駅 10_edit

龍山寺駅 6_edit

「龍山寺地下街」
龍山寺地下街 1_edit

龍山寺地下街 3_edit

龍山寺地下街 5_edit

龍山寺地下街 8_edit

地下街から地上に上がります。
龍山寺地下街 7_edit

龍山寺地下街 12_edit

龍山寺地下街 10_edit

「外門」
龍山寺は MRT 龍山寺駅の出口を出てすぐのところにあり,地下街を出ると目の前に龍山寺の外門が見えます。
外門 13_edit

外門 10_edit

外門 9_edit

「外塀」
外塀 3_edit

外塀 2_edit

「寺号標」
寺号標 1_edit

「浄心瀑布」
外門をくぐると右側には大きな滝が流れています。

門前の滝 1_edit

門前の滝 4_edit

「噴水の池」
外門をくぐった左側には龍の口から吹き出る噴水の池が出迎えてくれます。
噴水の池 1_edit

噴水の池 2_edit

噴水の池 3_edit

「時計台」
時計台_edit

「前殿」
竜山寺は北側を背に南に面して前殿,正殿,後殿(奥の院)とその左右に鐘楼,鼓楼を配し,回廊で「日」の字形に構成されています。前殿の向かって右側に入口,左側に出口があり,中央の門からは一般の人は入ることができません。
前殿 25_edit

前殿 11_edit

前殿 12_edit

前殿 21_edit

「入口」
前殿 5_edit

「出口」
前殿 9_edit

「龍柱」
龍山寺には龍をモチーフにした柱が多くみられます。前殿の前にある一対の鋳銅製の龍柱は台湾唯一のものであります。
前殿 15_edit

前殿 16_edit

「前殿の天井」
前殿の天井 2_edit

「売店」
さまざまなお守りが売られています。
売店_edit

「おみくじ」
おみくじ 1_edit

おみくじ 2_edit

三宝仏
前殿をくぐると三宝仏が置かれ,その先に正殿がみえます。
前殿からみた正殿 6_edit

「燭台」
燭台 5_edit

「鐘楼」
鐘楼 1_edit

「鼓楼」
鼓楼_edit

「正殿」
正殿 25_edit
明日へ続く・・・

台北市万華区広州街 211 号

台湾の国民的麺料理と言えるのが牛肉麺です。日本ではあまり馴染みがありませんが,牛骨ベースのスープにじっくり煮込んだ牛肉がゴロゴロ入っており,スープの味は透明なあっさり味と豆板醤などで仕上げたピリ辛味の 2 種類に大別されます。MRT 東門駅淡水信義線,中和新蘆線)から徒歩 3 分ほどのところに,1963年創業の牛肉麺のお店「永康牛肉麺」があります。お店の前に行列を作ることもしばしばですが,回転が速いため比較的スムーズに入ることができます。

「永康牛肉麺」
店頭 9_edit

店頭 7_edit

店内 2_edit

店内 3_edit

「紅油抄手」
四川風ワンタンのラー油和えです。
紅油抄手 3_edit

紅油抄手 6_edit

「紅焼牛肉麺(小)」
ホロホロに柔らかく煮込まれた牛肉と,濃いめのピリ辛スープがよく合います。
紅焼牛肉麺(小) 3_edit

紅焼牛肉麺(小) 5_edit

台北市大安区金山南路二段 31 巷 17 号      

MRT 東門駅淡水信義線,中和新蘆線)から徒歩 3 分ほどのところに,50 年以上の歴史を有する美味しい餃子のお店「東門餃子館」があります。餃子は焼き餃子・水餃子・蒸し餃子の 3 種類があり,他に鍋料理をはじめとする中国東北地方の家庭料理も充実しています。

「東門餃子館」
店頭 1_edit

店頭 2_edit

メニューは日本語も併記されています。
メニュー 4_edit

卓上調味料と一緒にニンニクが置かれていました。
卓上調味料 1_edit

テーブルセッティング_edit

「空心菜炒め」
空心菜炒め 1_edit

「玉米濃湯(コーンスープ)」
コーンスープ 4_edit

コーンスープ 10_edit

「豚ロースの唐揚げ」
豚ロースの唐揚げ 1_edit

豚ロースの唐揚げ 4_edit

「豚肉入り蒸餃子」
豚肉入り蒸餃子 5_edit

「豚肉入り水餃子」
豚肉入り水餃子 2_edit

「豚肉入り焼き餃子」
豚肉入り焼き餃子 3_edit

台北市大安区金山南路二段 31 巷 37 号       

台湾スイーツの王様といえば日本でもすっかり有名となったマンゴーかき氷です。MRT 東門駅淡水信義線,中和新蘆線)から歩いて 5 分ほど,永康街のメインストリートにあるひときわ目を引く黄色いお店が「思慕昔 Smoothie House」です。1階はフルーツかき氷がメインで,2階にはかき氷以外のスイーツなどの豊富なメニューが揃います。

「思慕昔 Smoothie House
店頭 1_edit

店頭 4_edit

メニュー_edit

「スーパーソルベとマンゴー雪花氷」
スーパーソルベとマンゴー雪花氷 1_edit

スーパーソルベとマンゴー雪花氷 3_edit

スーパーソルベとマンゴー雪花氷 6_edit

台北市大安区永康街 15 号

日本国内のみならず世界的にも有名な上海料理レストラン「鼎泰豊(ディンタイフォン)」は,1958年に中国山西省出身の楊秉彝(ヤン・ピンイー)が台北市の永康街に食用油を販売する油問屋としてオープンさせたのが始まりです。鼎泰豊の代名詞とも呼べる小籠包の販売は,当初は本業の食用油の売り上げが落ち込んだ時期に副業として開始されたそうです。鼎泰豊の小籠包は徐々に地元の人々の間で評判となり,1972年に本業であった食用油の販売を取りやめ,小籠包と麺,点心を売る食堂へと経営転換しました。店の評判は立ちどころに広まり,1993年1月,アメリカ合衆国の『ニューヨーク・タイムズ』紙で「世界の10大レストラン」のひとつに選出されたのをきっかけに一躍世界的な知名度となり,国外から多くの観光客が台北を訪れるようになりました。1996年,海外第一号店として新宿のタカシマヤタイムズスクエア 12F に「鼎泰豊 新宿店」がオープンして以来,日本国内はもとより世界中に店舗展開する巨大上海レストラン・チェーンへと成長しました。

「鼎泰豊 信義本店」
全ての始まりは永康街にあるこちらの信義本店です。お店は MRT 東門駅淡水信義線,中和新蘆線)から徒歩 1 分ほどのところにあります。
店頭 10_edit

店頭 3_edit

店頭には現在の待ち時間が表示されています。
店頭 15_edit

店頭で人数を告げて,整理番号を受け取ります。
整理番号 2_edit

店頭の電光掲示板に「1108」が表示されました。
店頭 23_edit

オーダー票に記入して注文は完了です。メニューにはすべて日本語が併記されており,日本語のオーダー票もあるので簡単に注文できます。
オーダー票_edit

店内 1_edit

テーブルセッティング 3_edit

「針ショウガ」
針ショウガ 4_edit

「空心菜炒め」
空心菜炒め 2_edit

「鶏肉蒸しスープ」
澄んだスープには,長時間煮込んだ鶏の旨みがたっぷりと詰まっています。
鶏肉蒸しスープ 1_edit

鶏肉蒸しスープ 4_edit

「ピリ辛ゆでワンタン(海老)」
ピリ辛ゆでワンタン(海老) 3_edit

「野菜と豚肉入り蒸し餃子」
野菜と豚肉入り蒸し餃子 2_edit

野菜と豚肉入り蒸し餃子 4_edit

「エビと豚肉入り焼き餃子」
きれいな羽根つきです。
エビと豚肉入り焼き餃子 2_edit

エビと豚肉入り焼き餃子 4_edit

「小籠包」
鼎泰豊の代名詞とも呼べる小龍包は,肉汁たっぷりの具が透けて見えるほど薄い皮で包まれています。皮のひだは18個,皮の重さは 5g,餡の重さは 16g と決められています。
小籠包 1_edit

小籠包 2_edit

「ヘチマとエビ入り小籠包」
ヘチマとエビ入り小籠包 1_edit

ヘチマとエビ入り小籠包 5_edit

「トリュフ入り小籠包」
トリュフ入り小籠包 2_edit

トリュフ入り小籠包 5_edit

「蟹みそ入り小籠包」
蟹みそ入り小籠包 1_edit

蟹みそ入り小籠包 4_edit

「豚肉チャーハン(白米)」
白米か玄米を選ぶことができます。
豚肉チャーハン(白米) 1_edit

「特製辛いソース和え麺」
特製辛いソース和え麺 3_edit

特製辛いソース和え麺 7_edit

店頭 20_edit

台北市大安区信義路二段 194 号

MRT 東門駅淡水信義線,中和新蘆線)の南側に位置するエリアは,グルメストリートして名高い永康街(ヨンカンジェ)とその南に位置する高級住宅街・青田街(チンティエンジェ),龍泉街(ロンチュアンジェ)を合わせて,それぞれの漢字をとって康青龍(カンチンロン)と呼ばれています。台北随一のグルメ・ショッピングエリアとして,連日多くの観光客で賑わっています。

東門駅(淡水信義線,中和新蘆線)
東門駅 4_edit

「信義路二段」
信義路二段 3_edit

信義路二段 4_edit

信義路二段 5_edit

「矢場とん台湾 1 号店」
名古屋に本店をもつ味噌カツ専門店「矢場とん」ですが,2016年 2月 18日に台湾 1 号店が東門駅から徒歩 1 分ほどの信義路二段沿いにオープンしました。
矢場とん_台湾1号店 2_edit

矢場とん_台湾1号店 3_edit

「麗水街」
麗水街_edit

「金山南路二段31巷」
金山南路二段31巷_edit

「永康街 6 巷」
永康街 6 巷_edit

「永康街」
永康街 1_edit

永康街 2_edit

永康街 3_edit

永康街 5_edit

左手に見えるのは永康公園です。
永康街 6_edit

永康公園 2_edit

永康街 8_edit

永康街 11_edit

永康街 12_edit

永康街 13_edit

永康街 14_edit

「永康街と金華街の交差点」
永康街と金華街の交差点 2_edit

「金華街」
金華街 1_edit

金華街 3_edit

金華街 4_edit

「国立政治大学」
国立政治大学 2_edit

「金山南路二段」
金山南路二段 1_edit

金山南路二段 3_edit

「台北郵件盧理中心」
台北郵件盧理中心 1_edit

「金山南路二段と愛国東路の交差点」
金山南路二段と愛国東路の交差点 2_edit

「愛国東路」
愛国東路 2_edit

愛国東路 5_edit

「中華電信」
中華電信は台湾最大の電気通信事業者です。
中華電信 1_edit

中華電信 2_edit

「台北金南郵局」
台北金南郵局 2_edit

台北金南郵局 4_edit

台北市大安区永康街,青田街

台湾の人は家で朝食を食べる習慣があまりないため,台湾には朝食を出すお店が数多く存在します。MRT 善導寺駅(板南線)から徒歩 1 分ほどのところに,‟行列のできる朝食店” として有名なお店「阜杭豆漿」があります。1958年の創業以来,60年近く変えていないという味は素朴ながらも上品で,朝から地元の人のみならず大勢の観光客が行列を作っています。

「華山市場」
お店は華山市場の 2 階のフードコートにあります。華山市場は野菜やお肉だけでなく,小さなショップも軒を連ねる市場ですので,朝食後にブラブラと買い物も楽しめます。
華山市場_edit

華山市場 2_edit

華山市場 7_edit

行列の先にお店があります。
フードコート 1_edit

阜杭豆漿 3_edit

阜杭豆漿 1_edit

「阜杭豆漿」
阜杭豆漿 12_edit

厨房はかなり広いです。
阜杭豆漿 5_edit

メニューには日本語も英語も併記されていないので,筆談で注文できるようにメモ帳を用意しておくと便利です。
阜杭豆漿 13_edit

購入したものは,フードコート内で座って食べることができます。
フードコート 4_edit

フードコート 6_edit

「蛋餅」
中華風クレープといった感じで,生地はモチモチしています。‟蛋” とは ‟卵” のことで,中には卵焼きが入っています。
蛋餅 2_edit

蛋餅 3_edit

「鹹豆漿」
鹹豆漿 1_edit

鹹豆漿 8_edit

鹹豆漿 9_edit

フードコート内には他にもお店が立ち並んでいます。
Bonbon Cakery & Cafe_edit

福記餅店 1_edit

恩恩努肉飯_edit

台北市中正区忠孝東路一段 108 号

MRT 中正紀念堂駅淡水信義線,松山新店線)の駅前にある「中正紀念堂」は,中華民国の初代総統・蒋介石の功績を讃えるために創建された記念公園です。‟中正” とは蒋介石の本名で,日本では蒋介石の呼び名で知られていますが,台湾では蒋中正の名称が一般的となっています。

「正面牌樓」
中山南路沿いに,高さ30メートルの巨大な正門がそびえたっています。

正面牌樓 10_edit

正面牌樓 8_edit

正面牌樓 7_edit

正面牌樓 3_edit

「自由広場」
自由広場 1_edit

自由広場 3_edit

自由広場 2_edit

「国家戯劇院」
国家戯劇院 9_edit

国家戯劇院 4_edit

国家戯劇院 1_edit

「国家音楽庁」
国家音楽庁 8_edit

国家音楽庁 4_edit

正面には紀念堂がみえます。
中正紀念堂 32_edit

高さ70mの青い瑠璃瓦の屋根と白い大理石の紀念堂は,階段が89段で89歳で死去した蒋介石の年齢と同数となっています。
中正紀念堂 30_edit

中正紀念堂 23

中正紀念堂 16_edit

中正紀念堂 20_edit

「民主大道」
正面牌樓 ,自由広場,国家戯劇院,国家音楽庁を一望することができます。
民主大道 3_edit

「蒋介石像」
正面中央の本堂には蒋介石の席座像が置かれています。
蒋介石像 1_edit

蒋介石像 5_edit

蒋介石像 6_edit

蒋介石像 2_edit

衛兵の交代式は一見の価値があります。
P1000593_edit

「シュージアムショップ」
ミュージアムショップ 2_edit

「衛兵」
衛兵 1_edit

衛兵 2_edit

紀念館の 1 階には蒋介石関連の文物が展示されています。
中正紀念堂 9_edit

文物展示室
台湾の歴史には欠かせない ‟蒋介石” の生涯を,厳しい戦争を繰り返してきた時代背景や日本との関係など, いろいろな角度から見ることができます。
文物展示室 1_edit

「蒋介石銅像」
蒋介石銅像 4_edit

「蒋介石と孫文」
広州駅で蒋介石と孫文が中華民国統一に向けて北伐について談義を交わした,実際にあった有名な場面の油絵です。
蒋介石と孫文 3_edit

「専用車」
1972年製のキャデラックで,1972年から1975年まで使用していました。
専用車 1_edit

専用車 2_edit

こちらはフィリピン華僑が送った特製キャデラックです。
専用車 9_edit

専用車 8_edit

蒋介石の衣服や勲章,文献,写真などが陳列されています。
DSC03778_edit

DSC03780_edit

DSC03787_edit

DSC03788_edit

DSC03801_edit

DSC03802_edit

DSC03807_edit

DSC03808_edit

日本の有馬ホテルにおける一枚です。
有馬ホテルにて_edit

中正紀念堂 8_edit

中正紀念堂 7_edit

「大孝門」
大孝門_edit

「中正紀念公園」
中正紀念公園 10_edit

親民健身場 2_edit

中正紀念公園 8_edit

中正紀念公園 4_edit

中正紀念公園 2_edit

台北市中正区中山南路 21 号