食で奏でる旅の記憶

~徒然なる食と旅の備忘録~

佐賀県の北西部,玄界灘に面する唐津市は海と山に囲まれた豊かな自然を有し,江戸時代は唐津藩の城下町,明治以降は石炭の積出港として栄えてきました。かつての面影は豪華絢爛な祭りや市街地に残る歴史的建造物に感じることができ,旧唐津銀行や旧高取邸などの優美な建物からは石炭産業の興隆を伺うことができます。唐津神社の秋季例大祭である「唐津くんち」や,特別名勝の「虹の松原」,「呼子の朝市」など多数の観光資源を有し,年間を通して多くの観光客で賑わっています。

「JR 唐津駅」
福岡からは地下鉄空港線(JR 筑肥線直通)で約 1 時間 5 分ほどで着きます。
JR 唐津駅南口 2_edit

JR 唐津駅 6_edit

JR 唐津駅南口 5_edit

「唐津市近代図書館」
唐津市近代図書館 1_edit

「唐津曳山の像」
JR 唐津駅北口には,唐津焼きで作られた赤獅子の像が置かれています。
JR 唐津駅北口 12_edit

「舞鶴の像」
唐津城は天守閣を鶴の頭に見立て,左右に広がる松原が鶴の翼を広げた形に似ていることから,別名 ‟舞鶴城” とも呼ばれています。JR 唐津駅北口には舞鶴の像が置かれています。 
JR 唐津駅北口 8_edit

「唐津市ふるさと会館アルピノ」
唐津市ふるさと会館アルピノ 3_edit

「曳子の像」
曳子の像_edit

「肥後堀」
唐津城の三ノ丸と外曲輪の間に掘られたもので,市役所の南の石垣に沿ってあります。
肥後堀 5_edit

肥後堀 15_edit

肥後堀 14_edit

「三ノ丸」
三ノ丸 1_edit

三ノ丸 2_edit

「大名小路」
大名小路 1_edit

大名小路 4_edit

「二ノ門堀」
二ノ門堀 2_edit

二ノ門堀 1_edit

「早稲田佐賀中学校・高等学校」
早稲田大学の創設者・大隈重信の出身地である佐賀県に早稲田大学の系属校を設立しようと計画され,早稲田大学創立125周年記念事業として2010年4月に開校しました。学校の敷地は唐津城の二の丸御殿跡に位置し,校舎の先には唐津城が望めます。
早稲田佐賀中学校・高等学校 1_edit

早稲田佐賀中学校・高等学校 2_edit

早稲田佐賀中学校・高等学校 6_edit

早稲田佐賀中学校・高等学校 10_edit

「唐津城下の散歩道」
舞鶴海浜公園 1_edit

唐津城下の散歩道 3_edit

唐津城下の散歩道 5_edit

唐津城下の散歩道 6_edit

「西の浜」
西の浜 6_edit

西の浜 4_edit

西の浜 2_edit

「斎藤茂吉の歌碑」
肥前なる唐津の濱にやどりして唖のごとくに明け暮れむとす
茂吉の歌碑_edit

「石垣の道」
石垣の道 1_edit

石垣の道 2_edit

石垣の道 4_edit

石垣の道 5_edit

「埋門・埋門小路」
埋門・埋門小路 1_edit

埋門・埋門小路 2_edit

「西ノ門館」
西ノ門館 4_edit

西ノ門館 1_edit

西ノ門館 2_edit

「唐津市民会館」
唐津市民会館_edit

「曳山展示場」
多くの見物客で賑わう唐津くんちは,約 400 年も前から伝わる大祭です。街を練り歩く豪華絢爛な曳山は,曳山展示場で間近に観賞することができます。
曳山展示場 5_edit
 
曳山展示場 2_edit

佐賀県唐津市 

本土より沖合11kmにある大島は福岡県最大の島で,本土の神湊港から市営渡船「しおかぜ」で約15分,フェリー「おおしま」で約25分で大島港へ渡ることができます(渡船時刻表)。 

「神湊漁港」
神湊漁港 1_edit

神湊漁港 2_edit

「神湊港渡船ターミナル」
神湊港渡船ターミナル 1_edit

神湊港渡船ターミナル 5_edit

渡船乗り場
渡船乗り場 4_edit

渡船乗り場 9_edit

「渡船」
渡船 1_edit

渡船から玄界灘を望む 5_edit

渡船 2_edit

「大島港ターミナル」
大島港ターミナル 15_edit

「おおしま観光売店案内所」
おおしま観光売店案内所_edit

「御嶽山展望台」
大島は起伏の激しい丘陵地で,島の最高峰である御嶽山(224m)には展望台が置かれています。
御嶽山展望台 8_edit

御嶽山展望台 3_edit

御嶽山展望台 2_edit

御嶽山展望台 5_edit

「御嶽神社」
宗像大社中津宮の奥の院にあたります。
御嶽神社 12_edit

御嶽神社 11_edit

御嶽神社 10_edit

御嶽神社 9_edit

御嶽神社 7_edit

御嶽神社 8_edit

「岩瀬」
岩瀬 2_edit

玄界灘を望む 4_edit

「砲台跡」
砲台跡 4_edit

砲台跡 3_edit

砲台跡 13_edit

砲台跡 15_edit

砲台跡 6_edit

砲台跡 7_edit

DSC02137_edit

DSC02141_edit

DSC02143_edit

砲台跡からは風車展望所を望むことができます。
砲台跡から風車展望所を望む 3_edit

砲台跡から風車展望所を望む 7_edit

「大島漁港」
大島漁港 8_edit

福岡県宗像市大島

・・・昨日の続き

「秋季大祭」
毎年10月 1 日から 3 日までは秋季大祭が斎行され,境内は多くの露店で夜遅くまでに賑わいます。秋季大祭はみあれ祭から始まり,古式ゆかしい祭典が執り行われる高宮神奈備祭で幕を閉じます。

境内 6_edit

「九州玄海とんこつラーメン」
境内の屋台には,豚骨ラーメンの屋台もでています。
九州玄海とんこつラーメン 1_edit

九州玄海とんこつラーメン 6_edit

「辺津宮出御祭」
みあれ祭は辺津宮で宗像三女神が一同に会して秋祭大祭を行うために,辺津宮に祀られている(三女)市杵島姫神が,沖津宮(沖ノ島)に祀られている(長女)田心姫神と,中津宮(大島)に祀られている(次女)湍津姫神を乗せた 2 隻の御座船をお出迎える祭りです。
秋季大祭(辺津宮出御祭) 1_edit

秋季大祭(辺津宮出御祭) 2_edit

「辺津宮入御」
秋季大祭(辺津宮出御祭) 2_edit

秋季大祭(辺津宮入御) 2_edit

「神湊港渡船ターミナル」
湍津姫神(たぎつひめのかみ)を祀った中津宮は,本土より沖合11kmにある福岡県最大の島・大島にあり,海を隔てて本土の辺津宮と向かいあって鎮座しています。本土からは定期船が運行されており,市営渡船「しおかぜ」で約15分,フェリー「おおしま」で約25分で大島港へ渡ることができます(渡船時刻表)。 
神湊港渡船ターミナル 2_edit

「宗像大社 (中津宮)」
大島にある中津宮は,湍津姫神(たぎつひめのかみ)を祀っています。
一の鳥居 1_edit

「一の鳥居」
一の鳥居 3_edit

「二の鳥居」
二の鳥居 1_edit

「手水舎」
手水舎 2_edit

「参道の階段」
参道の階段 2_edit

「神門」
神門 1_edit

神門 2_edit

「狛犬」
狛犬 1_edit

「拝殿」
拝殿 8_edit

拝殿 6_edit

「本殿」
本殿 6_edit

本殿・拝殿 3_edit

「末社」
末社 1_edit

末社 3_edit

末社 6_edit

「社務所」
社務所 1_edit

社務所 2_edit

「銀杏の木」
銀杏の木_edit

「梅の木」
梅の木_edit

境内 1_edit

御神木_edit

「沖津宮遙拝所」
田心姫神(たごりひめのかみ)を祀った沖津宮は,玄界灘の中央に浮かぶ絶海の孤島・沖ノ島の中腹に鎮座しています。沖ノ島に住人はおらず,本土の辺津宮から神職が10日交代でたった一人で奉仕して皇室・ 国家安泰の祈りを連綿と捧げています。沖ノ島は島全体が宗像大社の境内地となっており,女性はこの島に渡ることはできず(女人禁制),また上陸時には海中での禊を行い,一木一草一石たりとも持ち出すことは禁じられているなど,古くからの風習が厳重に守られている神聖な島です。一般の人は上陸することができないため,大島の北の沖ノ島を望む場所に,沖津宮遙拝所が置かれています。
沖津宮遙拝所 1_edit

澳嶋拜所 2_edit

沖津宮遙拝所 4_edit

史跡 宗像神社境内 1_edit

沖津宮遙拝所 6_edit

沖津宮遙拝所 8_edit

沖津宮遙拝所 20_edit

沖津宮遙拝所 15_edit

沖津宮遙拝所 13_edit

沖津宮遙拝所 17_edit

沖津宮遙拝所 14_edit

「玄界灘を望む」
玄界灘を望む 2_edit

福岡県宗像市大島

・・・昨日の続き

「拝殿」
拝殿 45_edit

拝殿 16_edit

拝殿 21_edit

拝殿 18_edit

拝殿 14_edit

「本殿」
本殿 8_edit

本殿 14_edit

本殿・拝殿 5_edit

「末社」
本殿を囲む 22 の社殿に121の末社が鎮まっています。
末社 25_edit

末社 4_edit

末社 6_edit

末社 29_edit

末社 22_edit

末社 8_edit

「絵馬堂」
絵馬堂 6_edit

絵馬堂 3_edit

「儀式殿」
儀式殿 8_edit

儀式殿 9_edit

儀式殿 12_edit

「御神木(楢の木)」
御神木 1_edit

御神木 20_edit

御神木 7_edit

御神木 8_edit

「松尾神社」
松尾神社 3_edit

「蛭子神社」
蛭子神社 3_edit

「高宮参道」
高宮参道 1_edit

「鎮守の杜の道」
鎮守の杜の道 2_edit

鎮守の杜の道 4_edit

鎮守の杜の道 6_edit

「御神木 相生の樫」
御神木 相生の樫 2_edit

「鎮守の杜の道の鳥居」
鎮守の杜の道の鳥居 2_edit

「高宮祭場」
高宮祭場 13_edit

高宮祭場 7_edit

高宮祭場 3_edit

「第二宮・第三宮」
宗像三女神のうち長女神(沖津宮@沖ノ島)と次女神(中津宮@大島)は玄界灘洋上に鎮座されており,辺津宮の境内地に両宮の御分霊をお祀りし,第二宮と第三宮まで詣でれば沖津宮と中津宮まで拝したと信仰されてきました。現在の社殿は宗像三女神の御親神を祀る伊勢神宮より第60回神宮式年遷宮に際し下賜されたものです。
第二宮・第三宮 2_edit

「第二宮」
第二宮 14_edit

第二宮 18_edit

第二宮 9_edit

「第三宮」
第三宮 15_edit

第三宮 21_edit

第三宮 13_edit
明日へ続く・・・

福岡県宗像市田島 2331

宗像大社」は日本各地にある宗像神社の総本社で,天照大神の三柱の御子神を祀っています。宗像市田島にある辺津宮 (へつぐう),本土にほど近い大島にある中津宮(なかつぐう),玄界灘の中央に浮かぶ沖ノ島にある沖津宮(おきつぐう)の 3 宮を総称して宗像大社と呼びます。2017年 7月,『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群として世界遺産に正式登録されました。

「JR 鹿児島本線 東郷駅」
宗像大社(辺津宮)の最寄り駅となる JR 東郷駅までは JR 博多駅から快速で約30分ほどで,東郷駅から宗像大社まではバスで12分ほどで着きます。
東郷駅 5_edit

東郷駅宗像大社口 1_edit

「宗像大社(辺津宮)」
宗像市田島にある辺津宮は,市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)を祀っています。
第1駐車場 4_edit

「一の鳥居」
一の鳥居 7_edit

「祈願殿」
祈願殿 4_edit

「社号標」
社号標 2_edit

「二の鳥居」
この日は秋季大祭のため,境内は多くの露店で賑わっています。
二の鳥居 5_edit

「参道」
参道 1_edit

境内 1_edit

参道 4_edit

「心字池」
心字池 9_edit

心字池 11_edit

心字池 15_edit

心字池 18_edit

心字池 19_edit

「太鼓橋」
太鼓橋 2_edit

太鼓橋 8_edit

「斎館」
斎館 3_edit

斎館の前 2_edit

「勅使館」
勅使館 2_edit

勅使館 5_edit

「袚舎」
袚舎 7_edit

袚舎 4_edit

「手水舎」
手水舎 4_edit

手水舎 3_edit

「神門」
神門 1_edit

神門 10_edit

神門 3_edit

神門 5_edit

神門 12_edit

「狛犬」
神門前の狛犬 3_edit

神門前の狛犬 1_edit

「三笠宮殿下応制歌歌碑」
三笠宮殿下応制歌歌碑 2_edit

三笠宮殿下応制歌歌碑 3_edit

「神宝館」
宗像大社は中国大陸や朝鮮半島に近いことから,古代から半島と大陸の政治,経済,文化の海上路として重要な位置にありました。特に九州と朝鮮半島とを結ぶ玄界灘のほぼ中央にある沖ノ島からは,国家の繁栄と海上交通の安全を祈るために神に供えられた鏡,勾玉,金製指輪など約10万点にものぼる宝物が見つかっており,‟海の正倉院”とも言われています。この神宝は神宝館(しんぽうかん)に所蔵,展示されており,2016年9月17日~11月28日,沖ノ島から出土した国宝の数々を公開した大国宝展が開催されました。

神宝館 3_edit

神宝館 2_edit

宗像・沖ノ島 3_edit

宗像・沖ノ島 9_edit

宗像・沖ノ島 2_edit

宗像・沖ノ島 6_edit

宗像・沖ノ島 8_edit
明日へ続く・・・

福岡県宗像市田島 2331  

水鏡神社の東側には,‟博多名物うまかもん通り” と銘打たれた路地があります。博多の名物を堪能できるお店が立ち並び,平日のランチ時には近辺のビジネスマンやビジネスウーマンで賑やかな空間となります。鯖専門店の「真」は,名物の鯖の一枚焼きを求めてランチ時には行列ができます。

「博多名物うまかもん通り」
博多名物うまかもん通り 1_edit

博多名物うまかもん通り 3_edit

「真」
店頭 5_edit

店頭 4_edit

「冷奴」
冷奴 2_edit

「鯖の一枚焼き」
鯖の一枚焼き 4_edit

鯖の一枚焼き 3_edit

「香の物」
香の物 2_edit

「ご飯」
ご飯 2_edit

「みそ汁」
みそ汁 1_edit

福岡市中央区天神 1-15-3

福岡の中心部,博多天神は九州最大の繁華街ですが,天神の居並ぶオフィスビルの谷間にひっそりと佇む神社が,学問の神様として有名な菅原道真を祀る「水鏡神社」です。菅原道真公が京都から大宰府左遷される道中で博多に上陸した際,四十川の清流の水面に映る自身のやつれた姿をみて嘆き悲しんだとされ,後にこの地に社殿が建造され「水鏡天神」または「容見天神」と呼ばれました。慶長17年(1612年),福岡藩初代藩主・黒田長政によって福岡城鬼門にあたる現在の地に移されました。ちなみに ‟天神” とは菅原道真公のことをさし,博多天神の地名はこの神社に由来します

「水鏡神社」
鳥居 3_edit

社号標 1_edit

「楼門」
楼門 3_edit

「御神橋」
御神橋 1_edit

「常夜燈」
常夜燈_edit

「境内の池」
境内の池 2_edit

「手水舎」
手水舎 2_edit

「社務所」
社務所_edit

「玉垣門」
玉垣門 2_edit

「御神牛」
御神牛 1_edit

御神牛 2_edit

御神牛 3_edit

御神牛 4_edit

御神牛 5_edit

「狛犬」
狛犬 1_edit

狛犬 2_edit

「鷽(うそ)の碑」
鷽の碑 2_edit

「御神木(クスノキ)」
御神木(クスノキ) 2_edit

「拝殿」
拝殿 8_edit

拝殿 4_edit

拝殿 5_edit

「拝殿と本殿」
拝殿と本殿_edit

「本殿」
本殿 2_edit

本殿 1_edit

「恵比須神社・宇賀神社」
恵比須神社・宇賀神社 1_edit

恵比須神社・宇賀神社 3_edit

「荒木田稲荷社」
荒木田稲荷社 1_edit

荒木田稲荷社 2_edit

荒木田稲荷社 4_edit

荒木田稲荷社 5_edit

荒木田稲荷社 7_edit

荒木田稲荷社 9_edit

「大黒社,秋葉社,金刀比羅社,宮地嶽社」
大黒社,秋葉社,金刀比羅社,宮地嶽社 1_edit

「境内」
境内 3_edit

境内 1_edit

DSC03270_edit

DSC03290_edit

DSC03294_edit

福岡市中央区天神 1-15-4 

福岡県の北西部に広がる玄界灘は日本でも有数の漁場で,市内には玄界灘の荒波にもまれて身が締まった魚介を楽しめるお店が数多くあります。地下鉄空港線天神駅から徒歩 5 分ほどのところにある商業施設「ソラリアステージ」の地下 2 階に,地元で人気の寿司店「ひょうたん寿司」が手掛ける回転寿司店「ひょうたんの回転寿司」があります。開店と同時に満席になるほどの人気店で,高級な魚介類をリーズナブルな価格でいただくことができます。

「ひょうたんの回転寿司」
店頭 1_edit

店頭 3_edit

本日のおすすめ_edit

「活ひらめ」
活ひらめ_edit

「まぐろ赤身」
まぐろ赤身 1_edit

「いなサバ」
いなサバとは,対馬の一本釣りブランドの鯖です。
いなサバ 1_edit

「皮はぎ」
皮はぎ 1_edit

「生さんま」
生さんま 1_edit

「穴子の天ぷら」
塩とレモンでいただきます。
穴子の天ぷら 3_edit

穴子の天ぷら 4_edit

「山盛りずわいがに」
山盛りずわいがに 2_edit

「焼き穴子」
焼き穴子 2_edit

福岡市中央区天神 2-11-3 ソラリアステージ専門店街 B2F